睫毛パーマまつげエクステンション違い

まつげエクステンションが一番嬉しいのは花粉症の季節の時期です。
目が痒くなったり涙がでたりでアイメイクが崩れる女性も多くなると思います。
ですが、まつげエクステンションをしておけば涙がでても大丈夫です。

 

マスカラだとパンダ目になってしまいますが、まつげエクステンションならば涙が出ても多少擦っても大きく崩れることはありません。
極端に痒い場合は目が炎症を起こしているシグナルです。
そんな症状のときはまつげエクステンションや睫毛パーマは控えたほうがいいでしょう。
今回は【睫毛パーマとまつげエクステンションの相違点】という大きなテーマでお話をしてまいりたいと思います。

 

 

【睫毛パーマとまつげエクステンションは、どちらの方が自睫毛に影響があるのでしょうか?】

まつげエクステンション専門店のアイリストさんが頻繁に質問を受けるのがこれです。
そして、どのようにお返事されるのかを聞いてみました。

 

■まつげエクステンションが睫毛に与えるダメージについて

自睫毛の上にエクステンションを乗せることになります。
重さや長さが増した部分が、どうしてもひっかかりやすくなります。
このことが自睫毛に負担を強いることになります。

 

けれども、ご自身の睫毛のコンディションにマッチした太さや長さをアイリストがキチンと選べば大丈夫です。
自睫毛への負担は最小限に押さえることができるでしょう。
たとえば、睫毛が細くて短いお客さまだっとしましょうか?

 

長くて太いエクステンションを装着したらマズイです。
取れやすくなるのは当然です。
必要以上の重量が自睫毛にかかってしまいます。
まだまだ成長段階である自睫毛まで抜けてしまうことになりかねません。

 

また睫毛の健やかな成長を妨げてしまうことになります。
うねうねと変なウエーブがついてしまった睫毛が生えてくるような事例もあります。

 

従来よりも痩せた感じの睫毛になってしまったと嘆いている女性もいるほどです。
しっかりした優秀な睫毛エステサロンや美容室ならば、こういったダメージがでないように担当アイリストが的確なアドバイスやデザインをご提案してくれるでしょう。

 

あなたにぴったりのサロンを探しましょう。

 

まつ毛エクステおすすめの店舗地域情報