睫毛パーマが自睫毛に与えるダメージはどのようなものがあるのでしょうか?

睫毛パーマが自睫毛に与えるダメージはどのようなものがあるのでしょうか?

【睫毛パーマが自睫毛に与えるダメージはどのようなものがあるのでしょうか?】
睫毛パーマは髪の毛にパーマをかけるのと基本的には同じ施術をすることになります。
薬液を使用しますが、目元に使うことになりますので極力低刺激のものを選ぶことになります。

 

そして、液だれがしにくい商品を選んで使っているでしょう。
薬液が万が一、目の中に入ってしまうと大変滲みて辛くなってしまいます。
アイリストさんはロットに巻き付けた自睫毛の部分にだか丁寧に薬液を乗せる施術をします。

 

もしも自睫毛を強めにカールさせたい場合は、薬液を置く時間を長くして調整をします。
この時間のコントロールがとても難しいのです。
長年の経験がものをいう世界になります。

 

あまりにもやりすぎてしまうと睫毛がきれやすくなってしまいます。
自睫毛の寿命は平均すると2カ月から3か月程度です。
その間にパーマを何度も繰り返せば、ちょっとずつですがダメージが睫毛に蓄積してゆきます。

 

一般的に美容室などで睫毛パーマをかけ直しをする頻度は1カ月から1カ月半が無難なところです。
それ以上に睫毛パーマをかける場合は、自睫毛を特別にケアしてあげることが大切です。
ご自宅でトリートメントを使うようにお客さまにアドバイスをされているようです。